ダウ平均株価の過去のデータから分かる高値と低値のポイント

2016年6月27日、くりっく株365にNYダウが上場。
2016年7月15日、無料通話アプリでお馴染みのLINE(ライン)が日米で同時上場されるなど、今NYダウの動きに注目している方の数は過去最高となっているのではないでしょうか。
そもそもダウ平均株価は日本でいう日経平均株価(日経225・日経平均)と同じで、アメリカ合衆国の代表的な株価指数として公開されていて、ザ コカ・コーラ カンパニーやマクドナルド、ナイキ、アップル、ビザ…など日本でも馴染みのある企業ばかりが選ばれています。
(もちろん定期的に入れ替えがありますが…。)

そんなNYダウはくりっく株365に上場したことで、時差をあまり気にせずに取引することができるようになったと、今までNYダウに興味があっても取引できなかった方たちの注目の的となっているようです。
しかしNYダウにしろ、何を対象に投資するかにしろ、まずは過去のデータを収集し情報を得る必要があります。
過去のデータがあればファンダメンタルズ分析やテクニカル分析へと応用することができるので、NYダウが高値を記録した日は何があったのか、そして低値を記録した日は何があったのかを見てみましょう。

一昔前は情報を収集するだけでも一苦労でしたが、今ではネットワークのお陰で簡単に情報を得ることができるようになりました。
1980年代以降、ダウ平均は順調に上がっているかのように思えましたが、1999年から2002年にかけて緩やかに下落し、2008年になると大暴落していることが分かります。
特に2008年の大暴落はアメリカだけでなく、世界にも影響を及ぼすほどで日経平均はバブル崩壊後の最安値(7,603.76円)を更新したほどです。
まだ10年経過していないので、もしかすると当時のことを覚えている方もいらっしゃるかもしれません。
この時、ダウ平均が大暴落したきっかけとなったのはリーマンショックです。
リーマンショックによりパニック的な売り注文が行われ歴史上最大の暴落へと繋がったのです。

Tags :