これから「ダウ」の話をしよう

NYダウ証拠金取引について。

NYダウ平均(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)とは、アメリカの株価指数のことです。
アメリカを代表するもので、経済ニュース番組では毎日その数値が紹介されているのでご存知の方も多いことでしょう。
実はこのNYダウ平均にも「くりっく株365(取引所株価指数証拠金取引)」という金融商品で投資をすることができるようになります。
現在日本の個人投資家にも非常に人気があるようで、さらに大きな注目も集めているんだとか。
ちなみに、2016年2月より「NYダウ証拠金取引」として、平成28年6月に上場される予定です。

では、NYダウ証拠金取引の商品概要について、具体的に見ていきましょう。
今後の投資のご参考にしてみてください。

・商品名 NYダウ証拠金取引
・原資産 ダウ・ジョーンズ工業株価平均
・取引単位 指数×100円
・取引期限 なし
・取引時間 8時30分から翌日6時(サマータイム時は8時30分から翌日5時)
・配当相当額 あり
・付け合わせ方法 マーケットメイク方式
・証拠金基準額 54,000円

このように、日経平均株価が投資対象となっている日経225証拠金取引とほぼ同じシステムであることがお分かりいただけるでしょう。
違う点を挙げると、日経225証拠金取引の場合は
・原資産 日経平均株価
・証拠金基準額 84,000円
ぐらいですね。
NYダウ証拠金取引のほうが必要になる証拠金の基準額が低いことも特徴と言えると思いました。

NYダウに投資ができるということが決定したということで、これにより日本、アメリカ、ヨーロッパという世界の主要株価指数との取引が可能となります。
ちなみにヨーロッパ圏内の株価指数については、
・FTSE100(イギリス)
・DAX(ドイツ)
となっています。
もちろんトレーダーは、日本、アメリカ、ヨーロッパの株価指数を同じ口座で取引できますので、市場の活性化につながることは間違いありません。
さらなるくりっく株365の飛躍が期待されるでしょう。

Tags :

ロスカットの仕組みについて。

日経平均株価やイギリスのFTSE、ドイツのDAX、さらにはこのほど決定したNYダウなど、国内外の株価指数に投資することができる「くりっく株365」。
正式名称は取引所株価指数証拠金取引、と言います。
初心者向けの投資ということで多くのトレーダーが取引をしているんだそう。
なぜ初心者投資家に向いているかというと、「専門知識をそれほど必要としないため」。
株価指数というのはニュースを見ていれば目にする数値ですのでなじみがある方が多いことも理由ですね。

そんなくりっく株365ですが、レバレッジを用いた取引を行うことができます。
これはくりっく株365が証拠金取引であるため。
証拠金取引とは取扱業者に資金である証拠金を担保として差し入れていることにより可能となっています。

レバレッジを使った投資をすれば利益を上げやすくなる分、損失も膨らんでしまう可能性もゼロではありません。
特に初心者の場合は身の丈に応じた取引が難しい傾向にありますので、どうしてもレバレッジを最初から大きく設定してしまいがち。
預け入れてある証拠金が徐々に減ってくると、とあるシステムが発動します。

それが、「ロスカット」です。
ロスカットとは、含み損(保有しているポジションを決済しないで所持していた場合の、見かけ上の損失。実損ではありません)が大きくなりすぎた場合、自動的に強制決済が行われるものです。
実損ではなく含み損ということからも、証拠金が全額なくなる、もしくは不足金が発生してしまうというリスクを避けたシステムであることがお分かりいただけるでしょう。

くりっく株365の場合、取引時間中に5分間隔で有効比率を計算し、ロスカット判定をしているそうです。
その結果として、有効比率が100%以下になったときにロスカットが行われるとのことでした。
実損が確定してしまいますが、これ以上損失を大きくさせないということが目的です。

業者によってはロスカットが発動する前にロスカットアラートというシステムを導入しているところもあり、ポジションの決済に役立ちます。

Tags :

株式投資に役立つテクニカルチャートの選び方を紹介しています。

投資はリスクを伴うのでギャンブルのようなものと敬遠している方もいるでしょう。ハイリスク・ハイリターンの投資もありますが、初心者にはリスクを抑えたインデックス投資がおすすめです。インデックス投資なら大きな資本がなくても大丈夫です。

情報サイト「 テクニカルのテクニック」はインデックス投資のノウハウをわかりやすく説明しています。日経平均株価指数をグラフ化したチャートを参考にして日本全体の株式相場を分析しながら株の売買をします。テクニカルチャートの詳細はこちらがおすすめです。

代表的な225社の株価を平均してグラフ化したテクニカルチャートに注目しましょう。テクニカルチャートには大まかに分類してトレンドチャートとオシレーターチャートの2種類があります。トレンドチャートは長期投資に、オシレーターチャートは短期投資に効果的です。

こちらのサイトでは投資を成功させるためのテクニカルチャートの使い方や日経225チャートとNYダウの相場動向を収集する方法をわかりやすく説明しています。株取引の初心者は熟練した投資家の動向や情報を参考にしながらテクニカルチャートを利用しましょう。

株式投資の経歴があっても上手く資産運用ができずに悩んでいる方もいるでしょう。株取引には色々なタイプのテクニカルチャートが存在するのをご存知でしょうか。投資家の口コミ評価をもとに人気ランキング形式で紹介しているので参考になります。

人気ナンバーワンのボリンジャーバンドは、上下の2本線で表したチャートなので高確率で株価の変動がわかります。投資を変更するタイミングをつかみやすいメリットがあるのでテクニカルチャートに不慣れな初心者におすすめです。

2位は一目均衡表と言われるチャートです。ローソク足チャートや基準線などの5本線を利用して値幅や変動を表しています。3位は指数平滑移動平均です。現在と過去の株価を比較しやすいのでトレンド分析に役立ちます。インデックス投資に役立つテクニカルチャートのメリットを参考にして自分に合う方法を選びましょう。

Tags :

 
© これから「ダウ」の話をしよう